TOKYO天魔 -DEVIL SLAVE-をプレイした感想。お手軽ながらもちゃんと楽しめるRPG

TOKYO天魔 -DEVIL SLAVE-

ブラウザエロゲームを数多くプレイしていると、そのゲームがちゃんとした娯楽を提供してくれるのか?それとも単なる課金箱なのかということがわかったりもするのですけれど「TOKYO天魔 -DEVIL SLAVE-」はというと完全に前者。ゲームとして楽しむのを前提に課金をするというプレイスタイルになるかと思います。

得手不得手のある属性効果や体力を消費してクエストに挑戦していくなど、大部分においては従来型のソーシャルゲーム同様のシステムを採用していますけど、デッキ構築の妙や一風変わったスロット風バトルなど単純な型にはまらない工夫が凝らされていますので、この手のゲームに慣れている人ほど新鮮な気持ちで楽しめるのではないかと思います。

それもちゃんと(というのも変ですけど)考えてデッキを構築しないと余裕で死にます。この手のタイプはゲーム性を排除することでサクサクプレイを促す傾向にありますけど、本作ではその辺りの悪い意味での予定調和がありません。

RPGならではのパーティ編成の必要性に頭を悩まし、トライ&エラーで攻略していくというまさに「クエスト」というにふさわしい醍醐味を味わうことができるでしょう。

ただ、一点だけ気になったこととしてあるのが戦闘シーンを倍速できないことがあげられます。ボス戦や初見の敵とはじっくり戦いたいですが、ほぼやられることのない相手とのバトルは冗長に感じるものです。スキップまで行かずとも2倍速ぐらいは実装してくれる方がより快適性が高まるのでは?というのが感想です。

エッチシーンについては正直アニメーションがほしいところ

別の記事でも書いているのですが、チュートリアルでのエッチシーンではアニメーションは未実装でした。無料のエロゲーはプレイヤーに継続して遊んでもらうためにもチュートリアルでのスタートダッシュがかなり重要で、ここが微妙だと二度とページを開いてもらえません。言うまでもなくエロゲーなわけですから、気に入るエッチシーンでなければ次!となるのが普通です。何といっても他にも無料ゲームはいくらでもあるわけですから。

なのでここで出し惜しみするゲームは筆者の知る限りではほぼ皆無なのですけど、その読みからするとアニメーションはないかと思われます。差分やシーン転換、エフェクトによる臨場感などを演出していますのでそれなりに楽しめはしますけど、いまやスマホのエロゲーでもアニメーションは必須な状況を考えるとその点厳しいことは否めません。キャラデザもハイクオリティなだけにちょっともったいない・・・というのが素直な感想です。今後に期待でしょうか?

 

TOKYO天魔 -DEVIL SLAVE-の詳細はこちら>>>TOKYO天魔 -DEVIL SLAVE-