TOKYO天魔 -DEVIL SLAVE-

TOKYO天魔 -DEVIL SLAVE-

人気同人ゲームが待望のブラウザゲーム化!同人ゲームながらも本格的なダンジョンRPGを楽しむことができる「TOKYO天魔」がDMMプラットフォームに新登場! ゲーム名も「TOKYO天魔 -DEVIL SLAVE-」と微妙に変わっていますが、ゲーム性もブラウザゲームとして最適化が図られており、従来作をプレイ済みのユーザーでも気持ちも新たに楽しめるようになっています。

オリジナルとなる同人版は未プレイですので細かいところまでその違いを説明することはできませんが、大きな違いとしてあるのがダンジョンRPGからポチポチタイプのシステムに変更されているところでしょう。ゲームソフトを買うようなコアユーザーと違ってブラウザタイプのエロゲーユーザーにはダンジョンRPGでは確かに敷居が高いとも思えますので、これは良措置といえそうです。

それではさっそくゲームについての説明をしましょう!

スロット風バトルが熱い!

元はパッケージソフトだったことがあります。ブラウザゲームになってもきちんとゲームしているのは大きなポイントでしょう。それでいてライトユーザーにも楽しめるような配慮をしているところも◎です。

ゲーム内容的には体力消費でクエストに出向いてキャラクターやアイテムをゲット!強化合成などをしてデッキを増強してさらなるクエストに挑む・・・というおなじみのものではありますけど、戦闘パートがけっこうユニークです。スロット風のリールが回って、そこで出た内容により攻撃であったりクリティカルヒットであったりとアクションが変化。目押しができるのかどうかまではわかりませんけど、なかなかユニークで手ごたえのあるバトルを満喫できます。

しかもソシャゲにありがちなぬるさとは無縁でけっこうあっさり死にます。まぁゲームなので当たり前なんですけど、最近のポチポチゲーになれてしまった体ではけっこう新鮮な体験でした(笑)そこで重要となるのが言わずもがなのデッキ構築です。リーダースキルを考えて選定したり、強化にしても対属性の合性を見極める必要があるなど、頭を悩ませることが多々。まったりとしたソシャゲ脳にはなかなか刺激的で、ゲームをやっている感が強い作風といえるでしょう。

エッチシーンは基本一枚絵。ですがエフェクトを加えるなどの小技が光る

最初のお試しエッチシーンではアニメーションは確認できませんでした。そのことから推測るに、もしかしたらないのかもしれませんね。ですが、一枚絵ですけどシーンに変化をつけたり、画面の揺れなどのエフェクトを多用しているために臨場感は高め。ゲームをしっかり楽しみつつエロも満喫したいのであれば、けっこうよさそうなタイトルといえるでしょう。