御城プロジェクト:RE~CASTLE DEFENSE~

御城プロジェクト:RE~CASTLE DEFENSE~

本作品「御城プロジェクト:RE~CASTLE DEFENSE~」は、2014年11月から約半年でサービス停止してしまった前作「御城プロジェクト」のリニューアル作品であり、2016年3月25日、ついに正式サービスが開始されました。前作は「艦隊これくしょん」のシステムに酷似していたこともあり話題になりましたが、様々な問題が浮き彫りになりユーザーが次々と離れていってしまいました。しかし、本作品で様々な改良を加え、問題点の解消を図る試みが為されています。そんな期待の新作「御城プロジェクト:RE~CASTLE DEFENSE~」を今回紹介していきたいと思います!

ちなみに全年齢ゲームでエロゲーではないためエロ要素はありません。ただ、かわいい女の子はいっぱい出てきます。

時は戦国、貴方は殿!?

「御城プロジェクト:RE~CASTLE DEFENSE~」略して「城プロRE」のお話は、荒れ狂う戦国乱世が突然現れた大量の「兜形生命体」に支配されるところから始まります。

主人公である「殿」は関ヶ原の合戦の東軍の総大将とのことなので、明言はされていませんがかの家康公っぽいです。殿も兜形生命体に襲われ、もうだめかと思われたところに現れたのが「城娘(しろむすめ)」です。彼女たちは元々城で、城であった時の記憶と特別なチカラを持っています。殿への恩を感じている娘達もいるようです。

彼女たちと協力して全国に蔓延る兜型生命体を打倒し、全国統一を目指していくのがこのゲームの目的になります。まぁ少しフランクに言うと、正体不明の敵をかわいい女の子たちを仲間にしつつ倒していくゲームってことですね。

御城プロジェクト:RE~CASTLE DEFENSE~
▲城娘たちには戦闘形態(右)と、「御嬢」と呼ばれる私服形態(左)があります。和服やメイド服など様々な衣装の城娘がいるので見るだけでも結構楽しめます。

 

襲い来る敵から殿を守れ!本格的タワーディフェンスRPG

では城プロREのゲームシステムを紹介していきます。基本的にはタワーディフェンスに挑戦して、ストーリーを進めていく感じですね。

御城プロジェクト:RE~CASTLE DEFENSE~

こちらがこのゲームのメインとなるタワーディフェンスの戦闘画面。

一般的なタワーディフェンスとルールは大体一緒ですね。タワーディフェンス自体メジャーなゲームジャンルではないので一応簡単に説明しておきましょうか。

敵のユニットは様々な方向から画面中央右上にいる青い髪の殿に向けて進軍してきます。味方のユニットである城娘を配置して彼女たちを戦わせ敵を退けるのが目的です。城娘は配置すれば自動で戦ってくれます。城娘にはそれぞれ「気」と呼ばれるコストが存在し、強力な城娘ほど配置にかかるコストが高くなります。画面上部の「気」というのが現在使えるコストの量ですね。時間経過で増えていきます。画面左上の「命」は殿の現在体力ですね。これが0になると敗北になります。

この基本的なルールの他に、三つ特徴的な要素があるので紹介しましょう。

巨大化

コストを払うことで城娘を巨大化させます。巨大化にかかるコストは召喚にかかるコストに比例します。巨大化させた城娘は現体力が50%回復する他、ステータスが上がります。更に、最大まで巨大化させると後述する「特技」が発動します。巨大化可能回数は城娘のレア度によって決まっています。

特技

「特技」は城娘を最大まで巨大化することで自動発動します。

御城プロジェクト:RE~CASTLE DEFENSE~

「○○を○○%上昇」や「範囲内の敵の○○を○○%低下」など、自分や味方にバフを掛けたり相手にデバフを掛けたりする効果が主ですね。強力であると同時に城娘の個性が出る部分ですね。もちろんコストやレア度が低かったほうが特技が発動しやすいです。

計略

城娘の中には、コストを使って発動させることができる「計略」を持っている娘もいます。

御城プロジェクト:RE~CASTLE DEFENSE~

計略は特技と違って、城娘を召喚してから溜まり始めるゲージが最大になった時に発動でき、「範囲内の相手にダメージ」や「指定した味方の〇〇を○○秒上昇」など、刹那的な効果のものが多いです。戦局を大きく変えるものも少なくないので、使いどころは慎重に選んでいきたいですね。

 

現在も鋭意アップデート中!

サービスが開始されてからも、新しい要素を取り入れたり、ユーザーの意見を参考にゲームを調整したりと、運営のやる気が伺えるのもこのゲームの魅力の一つです。

例えば、このゲームは5分で1回復する「霊力」を消費して出陣するのですが、「失敗した時の霊力消費が辛い」という意見を参考に、出陣に敗北した時の霊力消費量が半分になりました。

他にも、前作では不足していた各城娘のキャラの掘り下げが「贈り物」による好感度システムによってしっかり出来ていたり、レシピを調べる手間が必要になる艦これ方式の築城・開発も改良され、わかりやすくなったりしています。「前作はやっていたけどあんまり面白くなかったしなぁ・・・」という方は是非もう一度やってみて欲しいです。引き継ぎ特典もありますよ。もちろん新規勢も新規勢で楽しめるゲームなので、タワーディフェンスや城に興味がある方、かわいい女の子が好きな方は始めてみてください!

御城プロジェクト:RE~CASTLE DEFENSE~
▲贈り物ではその城に関する知識を得られたり、意外な一面が見られたりします。あ、100%になってもエロCGは回収できませんよ!