戦国プロヴィデンスのガチャ演出の法則まとめ

戦国プロヴィデンス

戦国プロヴィデンスのガチャ演出についてまとめています。

戦国プロヴィデンスのガチャは結構演出が派手。最初に勾玉が表示され、その勾玉をクリックすると画面奥へ移動していき、魔方陣が出現。その後宝玉が登場してカードGET、という流れ。

この演出の違いによって、手に入るカードのレア度が異なります。

 

ガチャ演出の流れとポイント

それでは画像を交えて解説。

 

①まず、ガチャを引くと七色の勾玉が表示されます。

戦国プロヴィデンス

 

②勾玉はクリックすると画面奥へ移動。

戦国プロヴィデンス

 

③魔方陣が出現

戦国プロヴィデンス

 

④魔方陣の中心から宝玉?が出現

戦国プロヴィデンス

 

⑤で、カードゲット。

戦国プロヴィデンス

 

・・・という流れになるわけですが、演出に違いが出るのは②と④の部分。特に②部分での違いが最も確実にゲットするキャラのレア度を判別できます。

 

勾玉の色がレア度判別の鍵

勾玉が画面奥へ移動した後、金色に光った場合は☆4以上確定です。以下の場合ですね。

戦国プロヴィデンス

 

もし銀色だった場合は☆3確定。以下の場合です。

戦国プロヴィデンス

 

で、勾玉が七色に光った場合は☆5確定。七色に光った際は確実に☆5キャラが登場してます。

戦国プロヴィデンス

 

まとめると以下の通り。

  • 勾玉が銀色に光った場合は☆3確定
  • 勾玉が金色に光った場合は☆4以上確定
  • 勾玉が七色に光った場合は☆5確定

 

金色に光った場合は稀に☆5キャラが出てくるので、☆4以上としています。何故か淀殿が何度も出てきました(汗

 

というわけで。

この箇所の演出で手に入るキャラのレア度が判別できますので、ガチャを引く際は注目してみて下さい。

ちなみに④の部分での違いは宝玉が銀か金か、という違い。②の演出で勾玉が銀なら宝玉も銀色になりますし、勾玉が金または七色なら宝玉も金色になります。

この部分だけでは☆4以上は判別できないので、やはり勾玉の色に注目した方が分かりやすいですね。

 

戦国プロヴィデンスの詳細はこちら>>>戦国プロヴィデンスX