勢力争奪戦のルールとイベント報酬まとめ【ヴァルキリーサーガ】

ヴァルキリーサーガ

大聖戦!ヴァルキリーサーガのイベント「勢力争奪戦」のイベントルールと報酬、ポイントや注意点をまとめます。

勢力争奪戦は全ギルドは3つの勢力に分かれて争うヴァルサガ一番の大イベント。是非参加してGR(ギガレア)カードや豪華報酬をGETしましょう。

 

イベントルール

ギルド同士の勢力(連合)で7日間にわたって勝ち点を競い合う聖戦イベント。期間中の総合勝ち点が最も多い勢力が優勝。

連合はリグマノール帝国、連合国家メシュレ、スバラティーサ教国の3つで、直前の聖戦イベントの成績を元に自動的に振り分けが行われる(つまり、自分ではどの連合に属するのか選ぶことはできない)。

勢力とは別にギルドランキングも存在し、勢力報酬、ギルドランク報酬の両方が手に入るチャンスがあり、更に個人参加報酬も存在する。

 

イベント中の特性

1日目 リグマノールの攻撃力が20%アップ
メシュレのアシスト効果が10%アップ
スバラティーサの特攻効果が15%アップ
2日目 最下位勢力の補助アビ発動率が20~30%アップ
2位勢力の補助アビ発動率が10~25%アップ
3日目 メシュレの攻撃力が20%アップ
スバラティーサのアシスト効果が10%アップ
リグマノールの特攻効果が15%アップ
4日目 最下位勢力のBP消費量が50%に軽減
5日目 スバラティーサの攻撃力が20%アップ
リグマノールのアシスト効果が10%アップ
メシュレの特攻効果が15%アップ
6日目 2日目 最下位勢力の補助アビ発動率が20~30%アップ
2位勢力の補助アビ発動率が10~25%アップ
7日目 勝利ギルドの勝ち点にボーナスポイントが1加算
(勢力にのみ加算。ギルドランキングには影響しない)

 

勢力勝ち点

参加人数 勝ち点
16人以上 8点
11~15人 7点
6~10人 6点
5人 5点
4人 4点
3人 3点
2人 2点
1人 1点

 

イベント報酬(勢力)

優勝 GRカード×1
称号×5
準優勝 称号×2
最下位 称号×1
優勝で受け取れるGR(ギガレア)カードは所属している勢力によって異なる。スバラティーサの場合は「戦の女神エスメラルダ」、メシュレの場合は「守護皇神アンフィトリテ」、スバラティーサの場合は「光精霊神ウィンディア」がもらえます。

イベント報酬(ギルドランキング)

順位 報酬
1位 GRカード×1
勲章×30
2~10位 GRカード×1
勲章×20
11~20位 GRカード×1
勲章×15
21~50位 勲章×10
51~300位 勲章×5
301位~500位 勲章×3

 

イベント報酬(個人)

個人報酬には「参加報酬」と「個人勝ち点報酬」があります。

個人勝ち点報酬

 勝ち点  報酬
 3点  勲章×5
6点 エリクサー100%
9点 ポーション100%
12点 レアガチャチケット
15点 勲章×10
18点 後衛の書(中級)
21点 前衛の書(中級)
24点 勲章×15
27点 SRレベル上限解放の杯
30点 補助の書(中級)
33点 SSRレベル上限解放の杯
36点 勲章×15
39点 万能の書(中級)
42点 アビリティ上限解放アイテム(前衛・後衛・補助)

 

個人参加報酬

 参加回数  報酬
 1回 後衛の書(中級)
2回 前衛の書(中級)
3回 万能の書(中級)
4回 勲章×5
5回 レアガチャチケット
6回 勲章×10
7回 補助アビレベル上限解放の杯
8回 後衛アビレベル上限解放の杯
9回 前衛アビレベル上限解放の杯
10回 SSR10%ガチャチケット
11回 SRレベル上限解放の杯
12回 SSRレベル上限解放の杯
13回 勲章×20
14回 アビリティ上限解放アイテム(前衛・後衛・補助)

 

GRカード詳細

 

戦の女神エスメラルダ(武)

エスメラルダ
編成コスト 30
成長タイプ 普通
前衛アビ
  • (炎)鳳凰剣フェニキアクス【攻撃】
  • 使用回数:1 消費BP40

敵前衛生存者3~5人に大ダメージ&相手の攻撃と防御大ダウン。聖戦開始10分間、「覇王の進撃」奥義準備中に使うと奥義準備時間を5秒短縮。【限界突破10回】
敵前衛3~5人に特大ダメージ&相手の全パラメータ大ダウン。聖戦開始10分間、「覇王の進撃」奥義準備中に使うと奥義準備時間を10秒短縮。

【限界突破20回】
敵前衛3~5人に極大ダメージ&相手の全パラメータ特大ダウン。聖戦開始10分間、「覇王の進撃」奥義準備中に使うと奥義準備時間を15秒短縮。

エスメラルダの限界突破数に応じて効果増加。

後衛アビ
  • (炎)マイトオブフェニックス
  • 使用回数:1 消費BP:35

味方前衛生存者全員の全パラメータアップ。さらに味方前衛生存者1人が受ける炎属性のダメージとパラメータ減少効果を1分間10%軽減する。【限界突破10回】
味方前衛生存者全員の全パラメータ大アップ。さらに味方前衛生存者1人が受ける炎属性のダメージとパラメータ減少効果を1分間30%軽減する。

【限界突破20回】
味方前衛生存者全員の全パラメータ特大アップ。さらに味方前衛生存者1人が受ける炎属性のダメージとパラメータ減少効果を2分間30%軽減する。味方前衛及び後衛に基本パラメータより減少状態のパラメータがある場合、その減少値をリセット。

エスメラルダの限界突破数に応じて効果増加。

補助アビ
  •  (炎)戦女神

攻撃時に一定確率でダメージが大アップ。

子アビ
  •  (炎)鳳凰の紅玉

親カードの前衛攻撃アビが炎属性の場合、消費BPを43%軽減

 

守護皇神アンフィトリテ(知)

アンフィトリテ
編成コスト 30
成長タイプ 普通
前衛アビ
  • (風)竜騎槍パラケルスス【特攻】
  • 使用回数:1 消費BP40

敵前衛全員に大ダメージを与え、相手が生存者だった場合、特攻と特防を大ダウン。聖戦時間残り10分のとき、「魔人の覚醒」奥義準備中に使うと奥義準備時間を5秒短縮。【限界突破10回】
敵前衛全員に特大ダメージを与え、相手が生存者だった場合、特攻と特防を大ダウン。聖戦時間残り10分のとき、「魔人の覚醒」奥義準備中に使うと奥義準備時間を10秒短縮。

【限界突破20回】
敵前衛全員に極大ダメージを与え、相手が生存者だった場合、特攻と特防を特大ダウン。聖戦時間残り10分のとき、「魔人の覚醒」奥義準備中に使うと奥義準備時間を15秒短縮。

アンフィトリテの限界突破数に応じて効果増加。

後衛アビ
  • (風)マイトオブワイバーン
  • 使用回数:1 消費BP:35

味方前衛生存者全員の全パラメータアップ。さらに味方前衛生存者1人が受ける風属性のダメージとパラメータ減少効果を1分間10%軽減する。

【限界突破10回】
味方前衛生存者全員の全パラメータ大アップ。さらに味方前衛生存者1人が受ける風属性のダメージとパラメータ減少効果を1分間30%軽減する。

【限界突破20回】
味方前衛生存者全員の全パラメータ特大アップ。さらに味方前衛生存者1人が受ける風属性のダメージとパラメータ減少効果を2分間30%軽減する。味方前衛及び後衛に基本パラメータより減少状態のパラメータがある場合、その減少値をリセット。

アンフィトリテの限界突破数に応じて効果増加。

補助アビ
  •  (風)皇神の蒼眼

特攻時に一定確率でダメージが大アップ。

子アビ
  •  (風)飛竜の碧玉

親カードの前衛特攻アビが風属性の場合、消費BPを43%軽減

 

光精霊神ウィンディア(聖)

ウィンディア
編成コスト 30
成長タイプ 普通
前衛アビ
  • (光)精霊剣クリュサオル【攻撃】
  • 使用回数:1 消費BP40

敵前衛生存者1~5人に大ダメージを与え、味方前衛生存者の全パラメータアップ。聖戦時間10~20分のとき、「神の息吹」奥義準備中に使うと奥義準備時間を5秒短縮。

【限界突破10回】
敵前衛生存者1~5人に特大ダメージを与え、味方前衛生存者の全パラメータアップ。聖戦時間10~20分のとき、「神の息吹」奥義準備中に使うと奥義準備時間を10秒短縮。

【限界突破20回】
敵前衛生存者1~5人に極大ダメージを与え、味方前衛生存者の全パラメータ大アップ。聖戦時間10~20分のとき、「神の息吹」奥義準備中に使うと奥義準備時間を15秒短縮。

ウィンディアの限界突破数に応じて効果増加。

後衛アビ
  • (光)マイトオブペガサス
  • 使用回数:1 消費BP:35

味方前衛生存者全員の全パラメータアップ。さらに味方前衛生存者1人が受ける光属性のダメージとパラメータ減少効果を1分間10%軽減する。

【限界突破10回】
味方前衛生存者全員の全パラメータ大アップ。さらに味方前衛生存者1人が受ける光属性のダメージとパラメータ減少効果を1分間30%軽減する。

【限界突破20回】
味方前衛生存者全員の全パラメータ特大アップ。さらに味方前衛生存者1人が受ける光属性のダメージとパラメータ減少効果を2分間30%軽減する。味方前衛及び後衛に基本パラメータより減少状態のパラメータがある場合、その減少値をリセット。

ウィンディアの限界突破数に応じて効果増加。

補助アビ
  •  (光)光精霊神

アシスト使用時に一定確率で効果アップ。

子アビ
  •  (光)飛竜の碧玉

親カードの後衛アシストアビが光属性の場合、消費BPを43%軽減

 

GRカードはデッキの相性・ギルドの選択で選ぶ

GRカードはステータスも高くアビリティも強力ですが、編成コストが非常に高いので複数枚をデッキに入れるのが難しいのが難点。

なので自分がどんなデッキを組んでいるのか?所属しているギルドがどんな戦略で聖戦に臨んでいるのか?このあたりを踏まえて考えると良いでしょう。

例えば特攻主体のデッキやギルド戦略なら、アンフィトリテが役に立つでしょうし、攻撃主体のエスメラルダを入れた方が良いです。また、自分のデッキがアシストメイン、アシスト効果をアップさせたいという場合はウィンディアがおすすめ。

個人的にはアシスト効果アップの補助アビを持っているウィンディアが最も使いやすいと感じてます。でもまあ、このあたりは好みですね。

 

勢力争奪戦でより多くの報酬を手に入れるには?

もちろんデッキを強化したりも大事ですが、一番はアクティブでギルドランク上位を狙えるギルドに所属することですね。

勢力報酬に関しては所属ギルド全体の力によるところが大きく、必ず優勝できる保証はありません。しかし、ギルドランキングは強いギルドに所属していれば上位を狙えますし、上位入賞すればGRカードが手に入ります。個人勝ち点報酬も併せて手に入る形になりますね。

上位ギルドに所属して期間中の聖戦に確実に参加する。これでかなりの報酬を手に入れることが可能です。なので勢力争奪戦が始まる前に、出来るだけアクティブなギルドに所属しておく事をオススメします。

ちなみにもちろん上位ギルドに所属するためには、ある程度聖戦戦闘力があった方が良いのも事実。スカウトもされやすいですし加入申請も受けてもらいやすいです。ただ、新人育成枠的な空きを用意しているギルドもあるので、枠に空きがあるようなら対象のギルドのリーダーやサブリーダーにメッセージを送り、加入の可否を訪ねてみると良いでしょう。

 

勢力争奪戦における注意点

勢力争奪戦が開催される期間はギルドの脱退・加入が一切できなくなります。なので勢力争奪戦が始まるより前に、強いギルドに加入しておきましょう。あまりアクティブではないギルドのまま勢力争奪戦に突入すると、ギルドランク報酬があまり受け取れなくなる可能性が高いです。

 

 

第5回勢力争奪戦結果

勢力 リーダー 勝ち点
優勝 メシュレ連合国家 リーダー:アーバレスト祝1周年
サブリーダー:競艇大好き
4567
準優勝 スバラティーサ共和国 リーダー:ω北斗柔拳μ
サブリーダー:年末ランナーズアップ
4560
最下位 リグマノール帝国 リーダー:赤備え
サブリーダー:♡のあのねこぶね♡
4524

 

  12時台 19時台 21時台 23時台
 1位  ω北斗柔拳μ  なまままも(仮)  ♡のあのねこぶね♡  アーバレスト
 2位  第104期生  赤備え  アーバレスト  ネバエバ
 3位  ランナーズアップ  ランナーズアップ  第104期生 零番隊
 4位  オクリオオカミ  生乳ペンタグラム  ω北斗柔拳μ  ♡のあのねこぶね♡
 5位  この弱ギルド如きにw  楓、お疲れ様でした!  ネバエバ  らっきぃ♂ぐるぅぷ
 6位  フィアナ騎士団  青備え  零番隊  赤備え
 7位  メルルの青リエ  高級お肉乳布屋  高級お肉乳布屋  赤いストーリー
 8位  ゆるふわ  桃李園  赤いストーリー  白濁ぶっかけ11PM
 9位  経皮吸収型消炎鎮痛剤  あつし隊  おっぱいの旗の下に  Cradle
 10位  生乳ペンタグラム  もうダメ~!と言われ  なまままも(仮)  おっぱいの旗の下に

 

第6回勢力争奪戦結果

勢力 リーダー 勝ち点
優勝 リグマノール帝国 リーダー:零番隊
サブリーダー:なまままも(仮)
4480
準優勝 メシュレ連合国家 リーダー:赤備え
サブリーダー:ランナーズアップ
4457
最下位 スバラティーサ共和国 リーダー:第104期生
サブリーダー:Never ever
4070

 

  12時台 19時台 21時台 23時台
 1位 第104期生  赤備え アーバレスト  アーバレスト
 2位  らっきぃ♡ぐるぅぷ  らんなーずあっぷ  慈愛と面恥の楽座  Never Ever
 3位 ω北斗柔拳μ 生乳ペンタグラム  零番隊 サイドストーリー
 4位  五月庭工房  青 sonnerA おっぱいの旗の下に  零番隊
 5位  らんなーずあっぷ♂  なまままも(仮) Never ever  競艇大好き
 6位  送り狼[仁義]  楓  サイドストーリー  慈愛と面恥の楽座
 7位 生乳ペンタグラム  エルスリード  Cradle  経皮吸収型消炎鎮痛剤
 8位 経皮吸収型消炎鎮痛剤  みゃうん♪ポンポン隊  メルルのアトリエ  猫舟♡女王様専用
 9位  新参者  高級お肉乳布屋  @Titan’s  らっきぃ♡ぐるぅぷ
 10位  メルルのアトリエ  桃李園  EVA  Cradle

 

 

ヴァルキリーサーガの詳細はこちら>>>ヴァルキリーサーガ