政剣マニフェスティアのレビュー・評価まとめ

政剣マニフェスティア

政剣マニフェスティアのレビュー及び評価をまとめました。

このゲームはエロゲーではありませんが、題材が特殊でその部分でかなり面白いです(笑)気になった方は是非どうぞ。

ストーリー・世界観

主人行は総理となり、コクミンを煽動したり思いつきで条例を作る「ヤトー」と戦うストーリーです。あからさまに政治関連のワードが出てきますが、このゲームはフィクションで、実在の人物・団体とは関係ないので大丈夫です。所々ブラックな言葉が入ってくる点が特徴で、ここまでギリギリなゲームは珍しいですね。ありきたりなファンタジーに飽きた人にはお勧めです。

 

ゲームシステム

ゲーム開始から間もないのでコンテンツ不足は否めません。とはいえ、徐々にアップデートで様々なモードやイベントが追加されると思うので、気にしなくても大丈夫でしょう。操作は割りと軽快で、UIもスッキリしていて見やすいです。ただし、一部ユーザーには動作が重く感じたり、バグが発生するなど幾つか欠点があるようです。対応は早いので、運営のアナウンスを見ておきましょう。

 

バトル(戦挙)に関して

「戦挙」という名前ですが、実際にはシンプルなRTS(リアルタイムストラテジー)です。政治活動をして票を集める選挙ゲームではないので安心してください。RTSというと難しいゲームと思われがちですが、このゲームではシンプルでわかりやすい内容となっています。操作は配置・目的地の設定・スキルの使用の3つです。攻撃は敵に近づいたキャラが自動で行うので、難しい操作はしなくてもOKです。

 

キャラデザに関して

女の子のイラストはブラウザゲームで最も重要な部分なので、例に漏れずこのゲームでもしっかりと高いクオリティで用意されています。舞台がファンタジーなので、可愛らしいタイプや非現実的な衣装の割合が多めです。

 

課金について

キャラクターゲームという側面もあるので、ほしいキャラクターがSSRなら課金必須でしょう。今の所課金が必要と感じられるコンテンツはそれだけなので、課金量は自分の好みの女の子の数次第です。

 

というわけで総合評価

ゲームとしての面白さ ☆☆☆☆
キャラデザ ☆☆☆☆
エロ度
特殊度 ☆☆☆☆☆

ゲーム部分はしっかりとしたRTSで評価が高いです。シンプルな内容ですが、しっかりと考える必要があるので、ゲームとして楽しめます。R18ではないので、エロ要素はやっぱり期待できません。ただし、衣装は露出が高いキャラばかりなので、微エロを楽しむって感じですね。

バトルはシンプルで手軽さなのですが、スマホに対応していないという点ではマイナス評価が付いてしまいます。アップデートで対応される可能性は0ではないので、今後に期待しましょう。

 

とはいえ何より題材が面白すぎるこのタイトル。気になった方は是非一度遊んでみて下さい。

登録はこちらからどうぞ>>>政剣マニフェスティア