アイドルうぉーずZ~100人のディーバと夢見がちな僕~のレビュー・評価まとめ

アイドルうぉーずZ

アイドルうぉーずZ~100人のディーバと夢見がちな僕~のレビューおよび評価をまとめました。

気になっている方は参考にどうぞ。

美少女ゲーなんだから、可愛くないと意味がない!

アイドルうぉーずZ

「アイドルマスター」に始まって、現在では実に多くのアイドル育成ゲームが配信されていますが、その人気を支える最大のポイントとなるのが「女の子の可愛さ」にあるのではないかと思います。

アイドルを名乗るわけですからその点は当たり前なのですが、それだけに登場するキャラクターのグラフィックにはかなりのクォリティが求められことと思いますけど、その点で言えばこのゲームはかなり理想形といえるでしょう。

しかも趣味嗜好の異なる多くのプレイヤーの好みにマッチする子を揃える必要もありますので、用意されているアイドルの子のパターンもかなり多様を極めています。
健康的美少女やツインテなどなど、ギャルゲーが好きな審美眼の厳しい人でも、きっと納得することができるでしょう。

美少女メインのゲームですから、やはりまずは見た目から入りたいのは誰にも共通したことと思いますので、もしお気にの子を見つけましたら後はまっしぐら!という感じで妄想たくましく育成していくことができると思います。

極力無駄を排したゲーム性がもたらすプレイのサクサク感。その分育成に集中できます!

アイドルうぉーずZ

このゲームのシステムはガラケー時代に誕生以来、現在でもスマホゲーで多くみられるカードゲーム的なものを採用しています。いわゆるポチポチゲーというやつですね。

そのため、がっつりゲームを楽しむ!という感じではありません。ゲームについては半ば作業になりがちですので、その辺の楽しさを求めるとなると少々うす味であることは否めません。

しかし、本作は美少女ゲーなわけですから、それらのゲーム的なこだわりなどは所詮無用の長物。少しでもお気に入りの子とどっぷり親しく楽しむことに重点をおいていますので、育成面でじっくり楽しみたい!という人にはまさにうってつけといえるでしょう。

またアイドルごとに設定されているパラメータも微に入り細にわたっていますので、「この子をどういう方向に伸ばしていこう?」などと考えながらゲームに取り組むと楽しさもひとしおでしょう。

リリースから約半年経ち、多くのユーザーも抱えているだけに今後どのような展開をしていくのかも非常に気になる本作ですが、個人的にはさらなる没入度を実現してくれるような、アイドルたちの側面を強化した内容になってくれることを願っています。

やはり推しメンとは深く・長く接していたいですからね(笑)