ガーディアン・ミストレス

ガーディアン・ミストレス

「ポチポチゲーにはもう飽きた!」とか「エロも大事だけどゲーム部分も楽しくないと!」というユーザーにオススメ! エロさはもちろんですがゲームとしての楽しさもバッチリ追及した「ガーディアン・ミストレス」なら、きっとコアなゲーマーでも納得の内容と言い切れます。

ゲームジャンルは一般的にタワーディフェンスと呼ばれるシミュレーションで、大まかな内容はその名称が示すとおりに「守る」というのが目的です。このゲームにおいてはプレイヤーであるあなたがその対象となり、人気AV女優たちが必死になってあなたの身を外敵から守ってくれます。ゲーマーであればこの時点で「ハイハイ」となるところですが、知らない人なら「タワーディフェンス?なにそれ?」となるかと思いますので、ゲームについて詳しく説明しましょう。

迫りくる敵はユニットを配置して撃退!

一口にタワーディフェンスといってもいろんなタイプがあるのですが「ガーディアン・ミストレス」は懐かしのドット絵で描かれた2D視点を採用。ドットキャラながらも女優さんたちの特徴をうまくとらえているのがいい感じです。

ゲームの遊び方はチュートリアルがありますのでそちらでも体感できますが、ざっとどういうゲームなのかを説明しますとショッカー然とした敵が「VIP」と書かれているキャラクターすなわちあなたに向かってきますので、攻撃を受ける前にそのルートにユニット化された女優さんたちを配置して撃退していきましょう。

「適当にユニット配置していればいいの?」と思うかもしれませんが、もちろんそんな単純なものではありません。ユニットを出撃させるにはEPというコストを消費します。これは強いユニットほど高くなる傾向にあるため、強ユニットだけをジャンジャン出して撃退!というようなゴリ押しは通用しないのです。なので、コストを管理しながら強弱さまざまなユニットを操る戦略性が求められます。ユニットは戦うほどに体力を消耗しますので、やられそうな場合は撤退させて他のユニットと入れ替えたり、危なそうな時には必殺技で逆転を狙うなど、ボタンをポチるだけのソシャゲとは一味もふた味も違う手ごたえを味わうことができるのです。

映像作品とも連動!?かなり気合入っています!

このゲームは大手AVメーカーのMOODYZとタイアップして「ガーディアン・ミストレス-俺様を護れ!- MOODYZコラボ企画」というモノホンのAV作品も出ています。いや~かなり気合入っていますね!それだけに肝心のゲームがクズではお話にならないところですが、このゲーム性なら相乗効果が期待できそう!是非ともゲーム&映像を楽しんでください!